07月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

僕がするべきこと



別れ話をしてからずっと、悠と会ってなかった。

持久走のタイムは結局、お互い破れなかった。
だから決めたんだ。
全力で走ったタイムから30秒縮めたら、悠に会いに行こうと。

僕はあの人と会って、ケリを付けると決めた。
そして、避けてたもう一人の人にも電話をかけると決めた。

そんな自分は悠のことも、ケリを付けなきゃいけない。

今までたくさんの想いを引きずってきたから、一旦区切りをつけなきゃいけない。
その後、物語がまた始まるとしても、そうじゃないとしても。

もう私は大学受験を控える歳になったのに、このままだと大学に入っても社会人にもなっても、無き幻影を追って生きてしまう。
そのうち、結婚を考える歳になっても私は、小・中で出会った人を引きずってしまうのか?
それは絶対、嫌だ。
思い出にしなくては、いけない。

間違えるのは悪いことじゃない。
でも、遠回りをするなら今なのだ。

だから悠に、私の決心を分かって欲しかった。

私は、走った。
昨日は7秒オーバーしたけど、今日はどうしてもタイムを切りたかった。

何度もくじけそうになった。
でもその度に、悠に会うことを考えた。
自分の気持ちを見せるには、走るしかなかった。

6周が終わった時、私は地面に倒れこんだ。
タイムは30秒どころか50秒近く縮まっていた。

悠に会いに行った。
でも悠は、話を聞いてくれなかった。
そして悠は携帯を投げた。泣いてた。

僕は言った。
「走った意味を、悠は分からないの?」

悠は泣きやんだ。
悠が学校で泣くなんて余程だった。
彼は言った。「からい」と。

でも僕が悠の元に戻っても、悠だけを愛すことは出来ないのだ。
そんな行為は悠を傷つけるだけなのだ。
でも僕は言った。
「俺はそばにいる。本当だよ」
嘘じゃない。本心からの言葉だ。
こんなに傷つけといて、悠を見過ごす訳はない。
どんな立場でも僕は、悠のそばにいるのだ。

今僕がするべきことは、
押せない番号を押して出来れば会って、友達だと言うこと
会えない人に会って謝って、真相を知って心の整理をすること

誰を好きだとかは、その後の話なのだ。

誰も理解しなくて構わない。
でも僕は正しいと思って進む。

たとえ間違いだとしてもその道の先に、再会を。

I'm Lost woman.


スポンサーサイト


 



昨日夜寝る前に書いた日記。
送信し忘れ;

今日は文芸の後に演劇に顔出して、自然科学部主催の天体観測をした。
冬休みに続いて俺は2回目。
公立で天文室がある学校はなかなかないけどこういう体験が出来るのは嬉しい。

今日は口コミもあって自然科学・文芸・演劇のメンバーごちゃまぜで観測してた。
この3小文化部(決して極小ではない)のメンバーは仲良くて話しやすくて好き。
闇の中、みんなで笑いながらそこにいた。

望遠鏡から月を見たら前よりめっちゃデカくて、太陽じゃないのに眩しくて目が開けなかった。

でも少し開くとはっきりと、クレーターが見えた。
『昔の人がクレーターを見て兎がいると思った』っていうのが分かった。
クレーターにくっきとうさぎに見えた。
月の光も、あまりに眩しくて写真が撮れないほどの光で、まるで月なのに太陽だった。

自分をちっぽけに感じた。

高二になってから仲良くなった友達
一緒にいて楽しい相手だった
でも相手は厳しい奴で、よく俺にうるさいことを言った
靴下に穴が開いてるとか箸の使い方が悪いとか、遅刻すんなとか。

彼女の育ちはとても良かった。裕福で愛情にも恵まれた家庭の子だった。よく、家族の話をする子だった

そんな彼女を僕は好きだった。
だけど色々言われる度に、その育ちの違いで傷つくことがあった。

穴を縫う人もいない。バイトで縫う時間もない。だからって新しい靴下を買うお金もない。
箸の使い方を教える人間もいなかった。私が小さい頃、母は育児放棄をしていたから。
遅刻だって、学校という場所に行きたくないだけだ。俺は学校について行くだけマシだと思ってる。

だから彼女の一言一言が、耳障りだった。
そんなに他人の欠点指摘して楽しいのか?って。
恵まれてるあんたに何も分かるはずないでしょ、とも。

僕はそういう人が大っ嫌いだ。
余計なお世話ばかりする人。
他人の欠点を見つけては他人を見下す人が。

でも彼女は違うんだ。
だから苛ついたけど、いつも『はいはい』って感じに受け止めれるのは、自分でも本当のことを分かってるからだと思う。

彼女は誰かみたいに、一緒にいて疲れる相手ではないのだと。

最近、一緒にいて疲れる相手は、俺は生理的に無理なんだと思う。
前まで平気だったのに、とは思うけど多分、変わったのだろう。
相手なのか俺なのかは分からないけど。
それでも、成長の証だったら良いな。

僕の良さが分からない人は分からなくて良いのだ。その逆も。
そうして、世界は作られる。

ちっぽけな世界だけど、
今日も月が世界を照らしている。

仲間と見上げた空には、無限の希望が溢れていた。
まだ見えぬ世界とか

そうして僕も眠る




 



20070128231738


茨の道を歩むと決めたんだ

画像は今の俺。
友人とか撮りまくってたんで一応自分のを。
気分的にはこんな感じです。

さて今日、悠と別れました。
お互い泣きながら別れるのもなんだったけど。

悠のことは好きだ。
だけど最近、ある人のことのことばっか考えてる自分がいて。
なんでその人のことを考えてるかというと多分、その人のことも好きだからで。
じゃあなんでその人を好きかというとあの人に似ているからであって。

……という訳で、逃げて来た過去と向き合わなくては、悠だけを愛すことも出来ないと思ったのですよ。
誰を好きなのかとかを別問題にしたとしても、ね。

それに、去年の夏みたいに偶然会うこと(前ブログ参照)はこれからもあるかもしれんけど、大学入ったらその確率も激減するし。
(俺は地元の大学行くけど相手が地方大入る可能性も考えると、ね)

だから、真相を確かめるのは今しかないって思うと、いてもたってもいられなくなって。

そんで、あの人に歩み寄るにはまず自分の身を潔白にする必要があるから、こういうことにしました。
お互い、良き理解者としてそばにいるけどね。

悠とも相談した結果であって某氏の言葉は全く視野に入れてないです。

ともかく、この問題は高校在学中に片付けます。絶対。
直接会って話せるようにしたいです。
……だから、覚悟してね。
絶対あなたと会うから。最悪な結果だとしても俺は絶対逃げないから。





 

幸せだった頃



20070128201152


幸せだった頃

さっき撮った、俺の部屋の2階建てベットから見た悠(笑)

幸せだったけど、今日でおあずけ。
僕は避けてた過去と向かい合わなきゃ、ね。





 

眠れないよ



4時です。
模試でろくに寝てないのにもかかわらず、寝れません;





 

関係図



つくづく思うけど、関係図って面白いよね。

元彼と彼氏が友達で、僕の友達が元彼と付き合ってたりとか
そしてそんな二人をくっつけたのは誰でも無く俺だとか
(もう別れてしまいましたがね;)

元彼と俺の男友達が仲良いいんだけど二人がケンカしちゃって、それを心配してる俺の女友達がその男友達の好きな人だとか。

なんか、そう考えると世の中狭いなぁとか人の関係って面白いなぁって思う。

しかしこの関係図もやっぱり俺から見てるのしか考えてないんだよね。
やっぱり自分中心で回ってるんだなって本当思う。無意識なんだから怖い。

でもみんなも、関係図作る時は自分を中心に考えるよねって開き直ってみる(ぇ)
もう暗くは考えないのさ。

ともあれ、友達と元彼が仲直りするといいなぁって陰から思ってたりもするんだけどね。
彼女出来たって聞いて、嬉しかったしね。
自分と少しでも関わった人はみんな幸せになって欲しい。
そう思わない人も中にはいるけどね。
でも、彼は良い人だったから吉報は嬉しい。
遠距離でも、どうか幸せでいてくれますように。
そしたら、僕がつけた傷も癒えるだろうから。

さて。
たとえ僕がもう見えない場所にいても幸せになって欲しい人はあと3人だけだな。
いつかその三人の良い知らせが聞けるといいんだけど。
願うしか、ないんだろうなぁ。

たとえ今の自分の関係図にはいなくても、幸せにでさえいてくれたらそれでいいと思えたのは、いつだったっけなぁ。だいぶかかった気がする。

そして今の僕も一人の人を幸せにしていかなきゃいけないんだけど、幸せだって笑って言ってくれるから、嬉しい。

どうかこの気持ちを忘れませんように




 

はぁ



ロビーにいます。
早く寝たいです。

なんだか行く前から疲れてます。

男って嫌だな。
訳が分からない。イライラする。

電源切るので、改めて行って来ます。




 

| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。